介護保険制度導入と介護サービスの背景

介護保険を理解したいトップ > 介護保険制度について介護保険制度導入と介護サービスの背景


介護保険制度導入と介護サービスの背景

ここでは「介護保険制度導入の背景」と「介護サービスの背景」について紹介します。

介護保険制度導入の背景

介護保険制度導入の背景としては、介護を家族だけですることは難しい時代となったことが理由のひとつです。
介護保険制度が施行されるまでは、「介護は家庭(家族)の問題」というのが常識とされていました。ところが、世界一の長寿国となった日本では、寝たきり老人や痴呆性(認知症ともいう)を煩った高齢者の増加など、介護の長期化など介護の必要性・重要性は高まる一方です。
そのため、介護の必要性において、もはや家庭(家族)だけの問題と考えることに限界となったのです。

また、介護者の高齢化も深刻な問題です。在宅での介護者の半数が60歳以上といわれている今日では、老人が老人を介護する「老老介護」の問題が増大しています。

このような現代の現状から、介護保険制度は、介護を家族(家庭)だけでなく、社会全体で支えるしくみとしてつくられました。

介護サービスの背景

介護保険制度導入以前は、老人福祉と老人保健医療という異なる二つの制度で介護サービスは実施されていました。
しかしこれら2つの制度は、介護サービスを受ける側からしてみれば、便利が良いとはいえませんでした。

また、家庭内の介護が難しい場合、入院治療が不要であるにもかかわらず、病院に長期滞在する「社会的入院」といった問題もまた、介護が制度化されていないために起こっていました。
これらの問題から、介護保険制度を設け、福祉と医療という二つの制度を1つにし、介護サービスを提供することとなりました。

スポンサードリンク


介護保険制度導入と介護サービスの背景は以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

リンク

Copyright(c) 介護保険を理解したい All rights reserved .