介護保険制度の概要やサービス

介護保険を理解したいトップ > 介護保険制度について介護保険制度の概要やサービス


介護保険制度の概要やサービス

介護保険制度とは?

介護保険制度とは、国民が介護保険料を支払い、その保険料を財源として要介護者たちに介護サービスを提供する制度のことをいいます。
この介護保険は、国や都道府県・市町村などの公費(税金)を、介護保険の財源の2分の一に充てられています。

介護保険制度で介護サービスを受けるには?

介護保険制度では、要介護度レベルという介護の必要性を示す基準があり、それによって、色々な介護サービスを受けることができます。

介護保険のサービスを受けることが出来るのは、第1号被保険者(65歳以上)や、理由にかかわらず介護を必要とされる第2号被保険者(40〜64歳)、特定の疾病によって介護が必要な人が該当します。
そして介護保険のサービスを受けるためには、自ら申請して要介護認定において「要介護・要支援」と認定されることが必要です。

スポンサードリンク


介護保険制度の概要やサービスは以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

リンク

Copyright(c) 介護保険を理解したい All rights reserved .