介護保険対象者と利用の仕方

介護保険を理解したいトップ > 介護保険制度について介護保険対象者と利用の仕方


介護保険対象者と利用の仕方

ここでは「介護保険対象者」と「介護保険制度の利用の仕方」について紹介します。

介護保険対象者

介護保険のサービスの利用できる人は、第1号被保険者と第2号被保険者です。

第1号被保険者とは、65歳以上の高齢者が対象となります。そして、第1号被保険者が介護保険のサービスを受けることが可能です。

一方、第2号被保険者とは、40〜64歳で特定の疾病で介護を必要としている人が対象となります。第2号被保険者も介護保険のサービスを受けることが可能です。
ちなみに、第2号被保険者の特定疾病とは、主に老化が原因となっている疾病のことです。

介護保険制度の利用の仕方

介護保険制度では、40歳以上になると介護保険料を負担します。
そして、介護サービスを利用するときは、要介護のレベル別に自ら介護サービスの選択して、介護サービスの計画をたてるやり方で利用します。

つまり介護保険制度の利用は、要介護者は自らの意思で、要介護者が主体となって介護サービスを受けることができる制度です。
そして、自分の申請で介護サービスを受けることができ、また、要介護者が自ら介護サービス事業者と契約を結ぶことになります。

介護保険制度は、サービス利用者本人や家族が主体となって利用することになります。

スポンサードリンク


介護保険対象者と利用の仕方は以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

リンク

Copyright(c) 介護保険を理解したい All rights reserved .