要介護認定の申請方法と結果

介護保険を理解したいトップ > 介護保険の利用法要介護認定の申請方法と結果


要介護認定の申請方法と結果

ここでは「要介護認定の申請方法」 「要介護認定の結果」 の2つについて紹介します。

要介護認定の申請方法

介護保険を使うには、要介護認定の申請をして、要介護度、または要支援の認定を受けなければ なりません。
要介護認定の申請は、本人や家族が役所へ行って要介護認定申請書を書き、介護保険の保険証を添えて、介護保険の担当窓口に提出します。

この申請は、本人や家族が行う以外にも、@居宅介護支援事業者、A介護保険施設、 B社会保険労務士のどれかに代行してもらうことができます。

要介護認定の結果

要介護認定の結果は、原則として申請のあった日から30日以内に本人に通知され、初めての認定の効力は、申請時にさかのぼって生じます。
申請をしてから認定結果が出るまでの間は、仮の保険証を使って、介護サービスを受けることができます。

在宅サービスのケアプランを作ってもらいたいケアマネージャーをすでに決めている場合は、その人に要介護認定の申請手続きからお願いするのもいいでしょう。
また、施設に入所を希望する場合は、その施設にお願いしてもいいでしょう。

スポンサードリンク


要介護認定の申請方法と結果は以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

リンク

Copyright(c) 介護保険を理解したい All rights reserved .