訪問調査と主治医の意見書について

介護保険を理解したいトップ > 介護保険の利用法訪問調査と主治医の意見書について


訪問調査と主治医の意見書について

ここでは「訪問調査」 「主治医の意見書」 の2つについて紹介します。

訪問調査

要介護認定の申請をしたら、訪問調査を受け、主治医の意見書をもらわなければなりません。
訪問調査は、要介護認定の申請をした後に、役所の職員か、または役所から訪問調査を依頼されたケアマネジャーが、調査員として家にやってきて行います。

調査員は、認定を受ける本人について、決まった質問をしたり、状態を判断したりします。この結果をコンピュータにかけ、要介護認定の一次判定が行われます。
注意したいのは、認知症などで本人が自分のことをよく把握していない場合などです。質問にうけこたえする本人が自分の状態をうまく伝えられないおそれがあるときは、できる限り家族が調査の場に付き添うようにしてください。
正確な判定が受けられないことが考えられます。

主治医の意見書

主治医の意見書は、普段からのかかりつけのお医者さんに書いてもらいます。これは、本人が直接、意思に頼んで書いてもらわなくても、要介護認定の申請書にかかりつけ医を書いておけば、役所の 方から依頼がいくようになっています。

ただし、最後に診てもらってから長い時間が経っているような場合は、ちゃんと診察に行ったうえで書いてもらいましょう。
意見書は認定結果に大きく影響します。

要介護認定の2次判定は、主治医の意見書と、訪問調査のときに調査員が特記事項を記入していれば それも踏まえて、介護認定審査会で行われます。
その後、2次判定の結果を受けた市町村が最終的に認定を行い、申請をした被保険者に結果を通知します。
なお、訪問調査、医師の意見書を含め、要介護認定に本人の費用負担はありません。

スポンサードリンク


訪問調査と主治医の意見書については以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

リンク

Copyright(c) 介護保険を理解したい All rights reserved .