非該当(自立)と判定された場合

介護保険を理解したいトップ > 介護保険の利用法非該当(自立)と判定された場合


非該当(自立)と判定された場合

要介護認定の結果、非該当(自立)と判定されると、その人は一切、介護保険を使えません。 介護保険を使えるのは、要介護、または要支援の認定を受けた人だけと決まっているからです。
自立と判定されたということは、介護や支援が必要ない健康な人ということなので、本当であれば、 それに越したことはありません。

高齢者福祉サービスのなかには、要介護者、要支援者でも利用できる配食サービスなどのほかにも、 自立者のみを対象にした生きがい活動支援や自立支援型家事援助サービスなどがあります。
他にもボランティアによるサービスや自費によるサービス利用などの方法もあります。

介護の心構えその1

高齢者の方は特に日常の動作が自分の力では困難な状態になると、精神的な張りを失い、弱気になりがちです。そのため、できるだけ本人の能力を生かした介護をこころがけましょう。
「自分でする」という目標を持つことは生活への意欲を高め、たとえ部分的であったとしても、その目標の達成は自信と満足感をもたらします。

また、介護が必要となったために、趣味などを我慢したり、あきらめたりする方も少なくありません。生活の不自由さに埋没しているその人らしさを引き出す支援を介護者は、心がけましょう。
暮らしの中に楽しみを持つことは、生活への意欲につながります。

スポンサードリンク


非該当(自立)と判定された場合は以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

リンク

Copyright(c) 介護保険を理解したい All rights reserved .