要介護認定とその調査

介護保険を理解したいトップ > 介護保険の利用法要介護認定とその調査


要介護認定とその調査

要介護認定とは、介護保険制度において、介護サービスの利用に先立って利用者が介護を要する状態であることを公的に認定するものです。
ここでは「要介護認定で大切なこと」「要介護認定調査のポイント」について紹介します。

要介護認定で大切なこと

要介護認定による介護区分の判定で、高齢者が介護保険制度でどの程度の介護サービスを受けることができるかが決まってしまいますので、要介護認定で正しい介護判定をしてもらうことが大切です
要介護認定の認定調査を受けるときには、高齢者のありのままの状態を認定調査の担当者にみてもらい、正しい判定を下してもらうとよいでしょう。
できましたら、認定調査の調査票を事前に入手して、調査票に目を通しておくことをお勧めします。

要介護認定調査のポイント

要介護認定には、認定調査の結果はもっとも大切な情報ですので、認定調査を受ける際には、 要介護者本人の家族か要介護者本人をよく知った人が立ち会うことをお勧めします。
介護の必要性を正確に調査員に把握してもらうことが重要なのです。

認定調査の時に見栄や羞恥心から、その高齢者がいつもより元気に振舞ってしまったりしては、 正しい判断の妨げになり、実際の介護度のレベルよりも軽く認定されてしまう可能性があります。
認知症(痴呆)を煩っている高齢者の場合には、特に注意が必要です。

スポンサードリンク


要介護認定とその調査は以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

リンク

Copyright(c) 介護保険を理解したい All rights reserved .