介護認定調査の審査判定と特記事項

介護保険を理解したいトップ > 介護保険の利用法介護認定調査の審査判定と特記事項


介護認定調査の審査判定と特記事項

ここでは「介護認定調査の審査判定になるポイント」と「介護認定調査の特記事項」について紹介します。

介護認定調査の審査判定になるポイント

介護認定調査の審査判定になるポイントとして、介護や痴呆症など日ごろの様子をこまめにメモを取っておくと、要介護認定調査の時だけでは分からないことも調査員に有効です。

日常の介護の様子や、特に認知症(痴呆)の方の特異な行為や問題となる行動などは、調査のときに調査員に伝えるとよい審査判定となるでしょう。
介護日誌などをつけておくのもお勧めです。その介護日誌を調査員に見てもらうのもいいかもしれません。

介護認定調査の特記事項

介護認定調査では介護の日常生活における気付いた点は、調査員にどんどん伝えるとよいでしょう。
要介護認定調査の調査票には特記事項を記入する欄がありますから、その欄に要介護の高齢者の日常の様子や行動などの具体的な記入があれば、介護認定審査会で検討してもらえます。

日頃気付いたことや日常生活で困っていることなどがあれば、調査員から質問されることでなくても特記事項に書いてもらいうとよいでしょう。

要介護度のレベルを決定する際に、調査票の特記事項は、重要なポイントになるということも頭にいれておきましょう。

スポンサードリンク


介護認定調査の審査判定と特記事項は以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

リンク

Copyright(c) 介護保険を理解したい All rights reserved .