ケアマネージャー(介護支援専門員)の役割

介護保険を理解したいトップ > 介護保険の利用法ケアマネージャー(介護支援専門員)の役割


ケアマネージャー(介護支援専門員)の役割

ここでは「ケアマネージャー(介護支援専門員)の役割」と「ケアマネージャー(介護支援専門員)との付き合い方」を紹介します。

ケアマネージャー(介護支援専門員)の役割

ケアマネージャー(介護支援専門員)の役割は、介護サービスを受ける際に悩み事や質問がある場合に、よい相談相手になってくれます。
また、ケアプランは、自分で作成することも可能ですが、初めのうちは、介護保険のプロであるケアマネージャー(介護支援専門員)さんにお願いするのが良い方法といえるでしょう。

ケアマネージャー(介護支援専門員)との付き合い方

ケアマネージャー(介護支援専門員)との付き合い方介は護保険制度を利用する際に大切なポイントとなります。
普段から、ケアマネージャー(介護支援専門員)の方と良いコミュニケーションをはかっていれば、要介護の高齢者とその家族の状況が分かっているので、問題があった時も安心です。

ケアマネージャー(介護支援専門員)と意見が対立した場合には、納得するまで話し合うことも必要ですし、それでも、問題解決に導かれないようならば、ケアマネージャー(介護支援専門員)の交代考える必要があります。

スポンサードリンク


ケアマネージャー(介護支援専門員)の役割は以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

リンク

Copyright(c) 介護保険を理解したい All rights reserved .