ケアプランの作成の流れと仕方

介護保険を理解したいトップ > 介護保険の利用法ケアプランの作成の流れと仕方


ケアプランの作成の流れと仕方

ここではケアマネージャーを利用した「ケアプランの作成の流れ」と「ケアプラン作成時の重要ポイント」について紹介します。

ケアプランの作成の流れ

まず、ケアプラン(介護サービス計画)の作成をお願いしたら、ケアマネージャー(介護支援専門員)は、 自宅訪問し、介護利用者本人やその家族の希望に関して質疑応答をします。
このとき、介護利用者(お年寄り)本人とその家族は、ケアプラン(介護サービス計画)作成時に、自分達の希望をはっきりとケアマネージャーに伝えることが大切です。
ケアマネージャー(介護支援専門員)への要望は、はっきりと伝えるよう努めましょう。

そしてケアマネージャー(介護支援専門員)は、介護サービス利用者に合ったケアプラン(介護サービス計画)を作成するために、あらゆる角度から課題、問題点を分析します。

最後にケアマネージャーは、介護利用者(お年寄り)や家族の希望を十分考慮のうえ、ケアプラン(介護サービス計画)の草案を作成します。

ケアプラン作成時の重要ポイント

ケアプラン作成するときに重要となってくるポイントをいくつか以下に紹介します。
●日ごろ、介護をしていて一番困っていることは何か
●一番改善したいことは何か
●人が訪問する介護サービスがいいのか
●こちらから出かける介護サービスがいいのか
●医療系サービスがいいのか
●介護系サービスがいいのか
●介護利用者(お年寄り)本人が一番苦手なものは何か
●サービスの希望時間帯や曜日はどうか

スポンサードリンク


ケアプランの作成の流れと仕方は以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

リンク

Copyright(c) 介護保険を理解したい All rights reserved .