ケアプランとは?作成方法やそのポイント

介護保険を理解したいトップ > 介護保険の利用法ケアプランとは?作成方法やそのポイント


ケアプランとは?作成方法やそのポイント

ケアプランは介護保険を利用するにあたってとても大事なものであり、介護保険制度を上手く利用できるかどうかは、ケアプラン(介護サービス計画)の良し悪し次第といっても過言ではありません。
そこで、ここでは「ケアプランの作成方法」「ケアプランのチェックポイント」について紹介します。

ケアプランの作成方法

良いケアプラン(介護サービス計画)を作成するためには、まず、ケアプラン(介護サービス計画)の原案を作りましょう。
ケアプラン(介護サービス計画)の原案は、ケアマネージャー(介護支援専門員)に希望を伝えて、出来上がります。

そのケアプラン(介護サービス計画)の原案をもとに、介護利用者のお年寄り本人とその家族を交えて話し合い、必要な事項を確認し、最終的に納得できるケアプランを作り上げます。

ケアプランのチェックポイント

よいケアプランが作ってもらえたか、ケアプランの主なチェックポイントを以下に紹介します。

●希望どおりの介護サービスの内容や回数(量)はケアプランに組み込まれているか。
●一週間の流れのなかで、無理のないケアプラン(介護サービス計画)だろうか。
●介護利用者のお年寄り本人やその家族の負担が避けられるようなケアプラン(介護サービス計画)になっているか。
●不要なメニューがそのケアプラン(介護サービス計画)に組み込まれてはいないだろうか。
●介護保険の支給限度額内で介護サービスが収まっているか。
●利用者自身の自己負担の費用の価格はいくらか。
●介護保険給付外のサービス負担はいくらか。
●総合計額は、予算内であるか。

スポンサードリンク


ケアプランとは?作成方法やそのポイントは以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

リンク

Copyright(c) 介護保険を理解したい All rights reserved .