介護保険でサービスを受けられる人

介護保険を理解したいトップ > 介護サービスの基礎介護保険でサービスを受けられる人


介護保険でサービスを受けられる人

ここでは「介護保険でサービスを受けられる人」 「介護保険でサービスを受けるための手続き」 の2つについて紹介します。

介護保険でサービスを受けられる人

介護保険でサービスを受けられるのは、原則として65歳以上の被保険者、つまり第1号被保険者です。 第1号被保険者が、要介護状態または要支援状態になったときに介護サービスを受けられることになっています。

第2号被保険者も介護サービスを受けることはできますが、それには、要介護状態または要支援状態であることはもちろん、その状態となった原因が特定疾病でなければなりません。
介護保険はそもそも、高齢になり介護が必要になったときに使えるものですから、若い第2号被保険者が老化とは関係がない理由(例えば庭先で転んだなど)で介護が必要になっても、介護保険は使えません。

介護保険でサービスを受けるための手続き

介護保険では、介護サービスを受けるための手続きとして、第1号被保険者、第2号被保険者が、それぞれ介護サービスを受けられる条件を満たした要介護者または要支援者であることの認定を受けることになっています。

スポンサードリンク


介護保険でサービスを受けられる人は以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

リンク

Copyright(c) 介護保険を理解したい All rights reserved .