介護保険で介護サービスを受けるための手続き

介護保険を理解したいトップ > 介護サービスの基礎介護保険で介護サービスを受けるための手続き


介護保険で介護サービスを受けるための手続き

ここでは「介護保険で介護サービスを受けるための手続き」 「ケアマネージャーに頼む場合」 の2つについて紹介します。

介護保険で介護サービスを受けるための手続き

介護保険で介護サービスを受けるためには、事前に一通りの決まった手続きが必要です。

まず役所に申請して、要介護認定を受けます。次に、要介護認定の結果に応じたサービス利用の 計画を作ります。
介護保険では、認定結果によって受けられるサービスの量が決まるので、その範囲内でどのサービスをどれくらいずつ受けるか、計画をたてます。このケアプランを作る作業は、とてもややこしいので、普通はケアマネジャーに頼んで作ってもらいます。

ケアマネージャーに頼む場合

ケアマネージャーに頼む場合、ケアプランの作成を依頼したということを、市町村に届けておかなければなりません。
ケアマネジャーは、利用者本人や家族の希望に沿ってサービス利用の計画を立て、利用者がその計画通りサービスが受けられるように段取りしてくれます。

最終的にできあがったケアプランに利用者側が同意したら、サービス事業者に正式なサービスを依頼します。
この手続きもケアマネージャーが利用者に代わってやってくれますが、あくまでも介護サービスの利用は、利用者とサービス事業者との直接契約です。ここまでくれば、あとはケアプランに沿って介護サービスを受けるだけです。

スポンサードリンク


介護保険で介護サービスを受けるための手続きは以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

リンク

Copyright(c) 介護保険を理解したい All rights reserved .