要支援者と要介護者の違い

介護保険を理解したいトップ > 介護サービスの基礎要支援者と要介護者の違い


要支援者と要介護者の違い

ここでは「要支援者と要介護者の違い」 「介護の心構え」 の2つについて紹介します。

要支援者と要介護者の違い

要支援の認定を受けた要支援者と、要介護の認定を受けた要介護者とでは、利用できるサービスが 少しだけ違います。

それは、要支援者は、施設に入所して介護を受ける施設サービスを受けられないという違いです。
このような違いがあるのは、つまり要支援者は、施設に入所するほど症状が重くない人だからです。なお、要支援者でも、施設に短期間だけ入所するショートステイは利用できます。

介護保険では、要介護者が受けるサービスを介護給付、要支援者が受けるサービスを予防給付と 呼ぶことがあります。
要支援者は、症状を重くして要介護者になるのを予防するために、在宅サービスを受けるわけです。

介護の心構えその2

介護では状態や生活の変化に合わせた、柔軟で統括的な支援を心がけましょう。

生活は、ご本人の状態だけでなく、ご家族の状況や環境など、さまざまな要因によって変化します。 そのため、介護者は、今の支援は適切かどうか随時検証し、柔軟で継続的な対応が求められます。
また、ご本人に悩みがあるようであれば、ひと・もの・サービスの相互関係を考えながら、適切な解決策を選びましょう。

スポンサードリンク


要支援者と要介護者の違いは以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

リンク

Copyright(c) 介護保険を理解したい All rights reserved .