在宅介護の福祉サービスの種類その1

介護保険を理解したいトップ > 在宅介護サービス在宅介護の福祉サービスの種類その1


在宅介護の福祉サービスの種類その1

在宅介護の福祉サービスには以下のようなサービスがあります。

日常生活に何らかの支援が必要な方に対して、有償ボランティアを派遣し、家事援助等の 支援を行う「ライフヘルパー派遣サービス」があります。
基本使用料;1時間あたり 700円

地域福祉権利擁護事業として福祉サービス利用手続き代行や支払い、日常的な金銭の管理などを 生活支援員が行う「福祉サービス利用援助事業」があります。
対象者は、本人が契約を結べる判断能力のある認知症高齢者・知的障害者・精神障害者です。利用料金がかかります。

65歳以上の一人暮らしの高齢者や高齢者世帯の方にはボタンを押すだけですぐに受信センターに 連絡される通報装置を設置します。「緊急通報システム設置」

65歳以上の一人暮らしの高齢者、高齢者世帯、60歳以上65歳未満の身体障害者手帳2級以上の交付を受けていて、支援が必要なかたにバランスの良い食事をお届けする「配食サービス」は1食400円で受けられます。

判断能力が不十分な認知症高齢者、知的障害者、精神障害者で、配偶者や2親等以内の親族等がいない方に後見人の申し立てを支援する「成年後見制度利用支援事業」があります。
諸経費は本人負担です。

徘徊する高齢者の安全を守るために関係機関と連携しながら捜索・保護をおこなう「徘徊高齢者ネットワークシステム」があります。

スポンサードリンク


在宅介護の福祉サービスの種類その1は以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

リンク

Copyright(c) 介護保険を理解したい All rights reserved .