在宅介護の福祉サービスの種類その2

介護保険を理解したいトップ > 在宅介護サービス在宅介護の福祉サービスの種類その2


在宅介護の福祉サービスの種類その2

「電話一声ボランティア」は週に2回ボランティアが一人暮らしの高齢者へ電話をかけ、 お話し相手をして安否を確認します。対象は一人暮らしでおおむね65歳以上の方。

「福祉電話設置」は一人暮らしの高齢者や重度の身体障害者であって所得が一定額以下の方に 対して、自宅に電話を設置します。

特定高齢者(要介護予備軍)に対して「笑顔(すまいる)工房筋力アップ教室」で専門スタッフの 指導の下で筋力向上トレーニングを行います。

特定高齢者(要介護予備軍)を対象に「介護予防(栄養・口腔)事業」が行われます。これは、栄養改善・ 口腔機能向上のために必要な知識を普及、栄養指導・口腔ケアの実践を支援するものです。

「高齢者住宅整備資金貸付」は60歳以上の方と同居している方、または同居予定の方が高齢者の お部屋の改築、玄関、トイレ、浴室等を改造する場合に必要な資金を貸すサービスです。  貸付限度額は200万円。償還期間は10年、保証人が必要です。

「リフォームヘルパー」は高齢者、障害者に対応した住宅への改造の予定があるかたに、専門家を派遣し、相談・助言を行います

スポンサードリンク


在宅介護の福祉サービスの種類その2は以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

リンク

Copyright(c) 介護保険を理解したい All rights reserved .