介護保険を利用した住宅改修費の支給

介護保険を理解したいトップ > 在宅介護サービス介護保険を利用した住宅改修費の支給


介護保険を利用した住宅改修費の支給

ここでは「住宅改修費の支給」 「住宅改修費の支給限度額」 の2つについて紹介します。

住宅改修費の支給

住宅改修費とは、介護に必要な住宅改修を行う費用で、手すりの取り付けや段差の解消などの目的で住宅を改修する費用です。
介護保険制度では、要介護認定で要介護に認定され場合、住宅改修費が介護保険から支給されます。

住宅改修費の支給限度額

住宅改修費の支給限度額は、今現在居住している同一住居において、一回に限り、20万円までとされています。
住宅改修を行う場合は、初めに改修費の全額を自分で払い、後で申請してから、実改修費の9割が戻ってきます。

スポンサードリンク


介護保険を利用した住宅改修費の支給は以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

リンク

Copyright(c) 介護保険を理解したい All rights reserved .