介護保険で利用できる住宅改修費の対象項目

介護保険を理解したいトップ > 在宅介護サービス介護保険で利用できる住宅改修費の対象項目


介護保険で利用できる住宅改修費の対象項目

介護保険の住宅改修費の支給の対象となる住宅改修工事リストには以下のものがあります。

1.手すりの取り付け
玄関や玄関から道路までの通路、廊下、便所、浴室などに、転倒予防、移動、移乗動作のための手すりの設置

2.段差の解消
玄関から道路までの通路の段差や居室、廊下、便所、浴室、玄関などの各空間の床の段差解消のための工事

3.滑りの防止、移動の円滑化などのための床や通路面の材料の変更
浴室(滑りにくい床材への変更)、居室(たたみ敷きから板製床材、ビニール系床材などへの変更)、通路面(滑りにくい鋪装材への変更)

4.引き戸などへの扉の取り替え
アコーディオンカーテンへの取り替え、開き戸を引き戸や折れ戸、ドアノブの変更、戸車の設置など

5.洋式便器などへの便器の取り替え
和式便器から洋式便器(暖房・洗浄機能付きなど)への取り替え工事

6.その他上記の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修
壁や柱の改修工事、便所の給排水設備工事、壁の下地補強、浴室の給排水設備工事、下地補強や根太の補強、床材の変更

介護の心構えその2

介護では状態や生活の変化に合わせた、柔軟で統括的な支援を心がけましょう。

生活は、ご本人の状態だけでなく、ご家族の状況や環境など、さまざまな要因によって変化します。 そのため、介護者は、今の支援は適切かどうか随時検証し、柔軟で継続的な対応が求められます。
また、ご本人に悩みがあるようであれば、ひと・もの・サービスの相互関係を考えながら、適切な解決策を選びましょう。

スポンサードリンク


介護保険で利用できる住宅改修費の対象項目は以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

リンク

Copyright(c) 介護保険を理解したい All rights reserved .