住宅改修業者の選び方

介護保険を理解したいトップ > 在宅介護サービス住宅改修業者の選び方


住宅改修業者の選び方

昨今、住宅内での介護に必要な住宅改修については、販売方法や解約、工事内容をめぐってのトラブルが絶えません。住宅改修業者の選び方のポイントを抑え、上手に選びましょう。

1.新築、リフォームについて経験は十分か
2.高齢者、障害者対応のリフォーム工事について実績と経験が豊富か
3.改修の相談にあたっては、高齢者の家事・生活全般への理解があり、独善的な判断に誘導することなく、依頼者の話をこまかく根気良く聞いてくれるか。
4.医療・保健・福祉についての相応の知識・経験があり、医療・保健・福祉関係者の意見を取り入れ、連携がとれているか。
5.分かりやすい見積もりが提示ででき、依頼者の予算に応じた改修計画ができるか
6.しっかりとしたアフターサービスの有無
7.申請業務等の事務処理は迅速か

介護の心構えその3

介護では動作ではなく生活を支援するという意識を持つように心がけましょう。

起き上がりや移動など、介護は動作単位で考えられがちです。しかし、私たちは、基本的な動作を 組み合わせて、何か目的となる行為を行い、生活しています。

たとえば、入浴という行為には、居間や寝室からの浴室への移動、脱衣などが必要です。つまり、何が目的で、どんな動作を行い、どこにどのような介護が必要なのか、ご本人の状態に応じてきちんと考えることが、実生活の場で有効な支援を設計するポイントです。

スポンサードリンク


住宅改修業者の選び方は以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

リンク

Copyright(c) 介護保険を理解したい All rights reserved .