在宅介護のための住宅改修を行う前の注意事項

介護保険を理解したいトップ > 在宅介護サービス在宅介護のための住宅改修を行う前の注意事項


在宅介護のための住宅改修を行う前の注意事項

ここでは「在宅介護のための住宅改修を行う前の注意事項」と 「住宅改修費の支給の注意事項」の2つについて紹介します。

在宅介護のための住宅改修を行う前の注意事項

在宅介護のために住宅改修を行う場合は、事前に介護保険の対象となる工事かどうかを確認することが大切です。
また、自宅での介護を円滑に行うために必要な住宅改修費の支給限度額は20万円です。20万円でできる改修工事には限度がありますから、改修工事の時期や、工事の内容などをしっかりと厳選することが 大変重要です。

住宅改修費の支給の注意事項

住宅改修費の支給は原則として一回限りです。しかし、転居した場合とは、介護の程度が著しく高くなった場合(要介護認定が3段階以上上がった場合) は、改めて20万円までの支給が受けられます。

スポンサードリンク


在宅介護のための住宅改修を行う前の注意事項は以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

リンク

Copyright(c) 介護保険を理解したい All rights reserved .