夜間対応型訪問介護について

介護保険を理解したいトップ > 訪問介護夜間対応型訪問介護について


夜間対応型訪問介護について

ここでは「夜間対応型訪問介護について」 「夜間対応型訪問介護の内容」の2つについて紹介します。

夜間対応型訪問介護について

夜間対応型訪問介護とは、通報に応じて介護福祉士などに来てもらったり、夜間の定期的な巡回訪問を受けることのできる介護サービスで、一人暮らしの遅れ高齢者には心強いサービスになることでしょう。

夜間対応型訪問介護は、2005年に改正された介護保険法により、2006年から施行された地域密着型サービスに含まれる介護サービスとして新設されました。
なお、夜間対応型訪問介護を受けるには、あらかじめ登録が必要となります。

夜間対応型訪問介護の内容

介護福祉士などが訪問した際に行う業務は、入浴・排泄・食事の介護など日常生活上のお世話です。 つまり、これまでの介護サービスの一つである訪問介護の24時間バージョンと考えられるでしょう。
介護サービスの事業所は、オペレーションセンターや携帯電話などで、介護利用者からの呼び出しに24時間対応しています。

スポンサードリンク


夜間対応型訪問介護については以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

リンク

Copyright(c) 介護保険を理解したい All rights reserved .