ショートステイの積極的な活用

介護保険を理解したいトップ > ショートステイショートステイの積極的な活用


ショートステイの積極的な活用

短期入所生活介護・短期入所療養介護は、ショートステイと呼ばれ、冠婚葬祭や旅行などで一時的に介護ができない場合や介護に携わっている家族が病気になった場合などに利用する介護サービスです。

そしてまた、介護者の負担を軽減するために、定期的にショートステイを利用するなど、例え介護が困難な場合だけでなくても、積極的に活用することよいでしょう。
短期入所生活介護・短期入所療養介護(ショートステイ)を上手に活用することは、介護者が共倒れになることを防ぎ、その結果、在宅介護を長期間続けるのに大切です。

介護の心構えその2

介護では状態や生活の変化に合わせた、柔軟で統括的な支援を心がけましょう。

生活は、ご本人の状態だけでなく、ご家族の状況や環境など、さまざまな要因によって変化します。 そのため、介護者は、今の支援は適切かどうか随時検証し、柔軟で継続的な対応が求められます。
また、ご本人に悩みがあるようであれば、ひと・もの・サービスの相互関係を考えながら、適切な解決策を選びましょう。

スポンサードリンク


ショートステイの積極的な活用は以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

リンク

Copyright(c) 介護保険を理解したい All rights reserved .