短期入所生活介護・短期入所療養介護の注意点

介護保険を理解したいトップ > ショートステイ短期入所生活介護・短期入所療養介護の注意点


短期入所生活介護・短期入所療養介護の注意点

ここでは「短期入所生活介護・短期入所療養介護の注意点」 「利用する時のチェックポイント」の2つについて紹介します。

短期入所生活介護・短期入所療養介護の注意点

短期入所生活介護・短期入所療養介護(ショートステイ)では、介護利用者のお年寄りが慣れない施設で生活することが原因で、症状が悪化したり、転倒などの介護事故に遭うことも考えられます。

そしてまた、ショートステイ先では、介護利用者のお年寄りの日常生活や状態を知らない介護職員が介護にあたるのも心配要素のひとつです。

利用するときのチェックポイント

1.お年寄りの状態を短期入所生活介護・短期入所療養介護施設に要介護者本人の状況をよく説明する
病歴、徘徊の有無、失禁、誤嚥、トイレ誘導の要・不要や時間などをショートステイ先の施設に詳しく伝えておきます。

2.個別援助計画を見せてもらう
定期的に月に4日以上利用する場合は、ショートステイ施設は個別援助計画をつくります。
別援助計画は利用者に見せる義務はありません。しかし、見せてもらうことで、どにょうな介護を受けるのかを知ることができます。

3.在宅介護でのアドバイスを教えてもらう
ショートステイは、在宅介護への橋渡しにもなりえますから、うまく活用しましょう。ですから、家族へ介護の処方ができるくらいの知識や術をを熟知した施設が望ましいです。

4.緊急時のために、定期的にショートステイを利用しておく
はじめてショートステイに要介護のお年寄りを預かってもらうと、病気や事故の危険度が高くなります。 定期的に利用することは、お年寄りの状態をよく知ってもらうことにも役立ち、本人に慣れた介護職員のいる施設なら安心ですね。

スポンサードリンク


短期入所生活介護・短期入所療養介護の注意点は以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

リンク

Copyright(c) 介護保険を理解したい All rights reserved .