施設での生活とその役割

介護保険を理解したいトップ > グループホーム施設での生活とその役割


施設での生活とその役割

ここでは「グループホーム施設での生活」と 「グループホームの役割」の2つについて紹介します。

グループホーム施設での生活

グループホームは、原則、専用個室となり、個室には、愛用の家具や仏壇など、本人になじみのものを持参できます。
また、雑居部屋ではお年寄りが安眠できず、認知症(痴呆)を進行させてしまう危険がありますが、 グループホームでは、そのことは軽減されます。

グループホームでは、できる範囲で、他のお年寄りや介護職員と一緒に、楽しみながら家事や買い物などを行います。そのため、お年寄りの持てる能力を生かすことができ、本人のやる気を引き出す努力をいたします。

グループホームの役割

グループホームでの生活は、お年寄りの表情が明るくなり、落ち着いた行動をとることができるようになるそうです。
つまり、問題のある行動がみなれなくなり、認知症(痴呆)の進行も遅くなるなどの良い効果が期待できます

スポンサードリンク


施設での生活とその役割は以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

リンク

Copyright(c) 介護保険を理解したい All rights reserved .