認知症対応型共同生活介護

介護保険を理解したいトップ > グループホーム認知症対応型共同生活介護


認知症対応型共同生活介護

認知症対応型共同生活介護とは、入浴・排泄・食事などの介護など、日常生活上のお世話や機能訓練をグループホームで受けるサービスで,認知症(痴呆)の方を対象としています。
認知症対応型共同生活介護は、2005年の介護保健制度改正により、新設された地域密着型サービスに「居宅サービス」から移されました。

介護の心構えその2

介護では状態や生活の変化に合わせた、柔軟で統括的な支援を心がけましょう。

生活は、ご本人の状態だけでなく、ご家族の状況や環境など、さまざまな要因によって変化します。 そのため、介護者は、今の支援は適切かどうか随時検証し、柔軟で継続的な対応が求められます。
また、ご本人に悩みがあるようであれば、ひと・もの・サービスの相互関係を考えながら、適切な解決策を選びましょう。

スポンサードリンク


認知症対応型共同生活介護は以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

リンク

Copyright(c) 介護保険を理解したい All rights reserved .