特定施設指定老人ホームについて

介護保険を理解したいトップ > 有料老人ホーム特定施設指定老人ホームについて


特定施設指定老人ホームについて

特定施設指定老人ホームとは、介護保険制度での「特定施設入居者生活介護」の指定を受けた ケアハウスと呼ばれる軽費老人ホームや有料老人ホームなどの施設を指します。
特定施設の指定を受けていれば、軽費老人ホームや有料老人ホームなどの施設内で、その施設の職員から、介護保険の対象となる介護サービスを受けることができます。

特定施設の指定のない軽費老人ホームや有料老人ホームなどの施設の場合、介護サービスは、その老人ホームの施設外から、訪問介護などを受けることになります。

介護の心構えその3

介護では動作ではなく生活を支援するという意識を持つように心がけましょう。

起き上がりや移動など、介護は動作単位で考えられがちです。しかし、私たちは、基本的な動作を 組み合わせて、何か目的となる行為を行い、生活しています。

たとえば、入浴という行為には、居間や寝室からの浴室への移動、脱衣などが必要です。つまり、何が目的で、どんな動作を行い、どこにどのような介護が必要なのか、ご本人の状態に応じてきちんと考えることが、実生活の場で有効な支援を設計するポイントです。

スポンサードリンク


特定施設指定老人ホームについては以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

リンク

Copyright(c) 介護保険を理解したい All rights reserved .