地域密着型特定施設入居者生活介護について

介護保険を理解したいトップ > 有料老人ホーム地域密着型特定施設入居者生活介護について


地域密着型特定施設入居者生活介護について

2005年の改正介護保険法によって、2006年から地域密着型サービスが新たに創設されました。
地域密着型サービスは、認知症(痴呆)や一人暮らしのお年寄りの増加を考え、介護の必要なお年寄り本人が住み慣れた地域で、その地域の現状に適した介護サービスを受けられるように増設された介護サービスです。

地域密着型特定施設とは、有料料老人ホーム、ケアハウス(軽費老人ホーム)などのうち、とりわけ、入居定員が29人以下の介護専用型施設のことです。

介護の心構えその1

高齢者の方は特に日常の動作が自分の力では困難な状態になると、精神的な張りを失い、弱気になりがちです。そのため、できるだけ本人の能力を生かした介護をこころがけましょう。
「自分でする」という目標を持つことは生活への意欲を高め、たとえ部分的であったとしても、その目標の達成は自信と満足感をもたらします。

また、介護が必要となったために、趣味などを我慢したり、あきらめたりする方も少なくありません。生活の不自由さに埋没しているその人らしさを引き出す支援を介護者は、心がけましょう。
暮らしの中に楽しみを持つことは、生活への意欲につながります。

スポンサードリンク


地域密着型特定施設入居者生活介護については以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

リンク

Copyright(c) 介護保険を理解したい All rights reserved .