居宅サービスの内容

介護保険を理解したいトップ > その他介護サービス居宅サービスの内容


居宅サービスの内容

在宅サービスの種類は、介護保険で利用できるサービスには、「在宅サービス」と「施設サービス」の2種類に分けられます。

ここでは「居宅サービスの種類(その1)」と「居宅サービスの種類(その2)」について紹介します。

居宅サービスの種類(その1)

●訪問介護(ホームヘルプサービス)
:家庭での介護や身の回りの世話をホームヘルパーが援助
●訪問入浴介護
:巡回入浴車を使い、家庭訪問しての入浴介護サービス
●訪問看護
:看護士や保健士による、家庭訪問の看護サービス
●訪問リハビリテーション:理学療法士や作業療法士が、要介護者の心身の機能を維持回復させ、日常生活の自立を助けるための訓練
●居宅療養管理指導:医師、歯科医師などが直接、要介護者のいるところへ訪問して行う療養上の管理

居宅サービスの種類(その2)

●通所介護(デイサービス)
:在宅サービスセンターなどで、趣味を通しての生きがい活動や入浴の介護など
●通所リハビリテーション(デイケア)
:医療機関などでの入浴、食事などの介護や機能訓練支援
●短期入所生活介護(ショートステイ)
:家族が病気などで一時的に介護ができなくなった時などの理由で、特別養護老人ホームなどへ短期間入所
●短期入所療養介護
:家族が病気などで一時的に介護ができなくなった時などの理由で、老人保健施設などへ短期間入所
●認知症(痴呆)対応型共同生活介護(グループホーム)
:共同生活をおくる認知症(痴呆性)を煩った高齢者に対する介護サービス
●特定施設入居者生活介護(有料老人ホーム、ケアハウスなど)
:有料老人ホームなどでの介護も保険給付対象
●福祉用具貸与
:特殊ベッドや車椅子などの用具レンタルサービス

スポンサードリンク


居宅サービスの内容は以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

リンク

Copyright(c) 介護保険を理解したい All rights reserved .