在宅介護で使われる在宅サービス

介護保険を理解したいトップ > その他介護サービス在宅介護で使われる在宅サービス


在宅介護で使われる在宅サービス

ここでは在宅介護でよく使われる「在宅介護の3本柱」と、「在宅介護の3本柱の内容」の2つを紹介します。

在宅介護の3本柱とは?

「在宅介護の3本柱」と呼ばれる3つの在宅サービスは、次の3つです。
・訪問介護(ホームヘルプサービス)
・通所介護(デイサービス)
・短期入所生活介護

いずれもショートステイの介護サービスです。
この3つの介護サービスを基本に、色々な介護サービスを上手く組みあわせて、介護サービスを利用することにより、要介護者と介護する家族の両者の負担が軽減されます。

在宅介護の3本柱の内容

●訪問看護:
看護士や保健士による、家庭訪問の看護サービスです。

●通所介護(デイサービス):
在宅サービスセンターなどで、趣味を通しての生きがい活動や入浴の介護などがおこなわれます。

●短期入所生活介護(ショートステイ):
家族が病気などで一時的に介護ができなくなった時などの理由で、特別養護老人ホームなどへ短期間入所します。

スポンサードリンク


在宅介護で使われる在宅サービスは以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

リンク

Copyright(c) 介護保険を理解したい All rights reserved .