改正介護保険制度による在宅サービスの見直し

介護保険を理解したいトップ > その他介護サービス改正介護保険制度による在宅サービスの見直し


改正介護保険制度による在宅サービスの見直し

在宅サービスは、現在、介護保険法の改正により、在宅サービスの利用は「要介護」以上が必要となりました。
以前は、要介護認定で「要支援」以上の認定で利用することができていたので、注意しましょう。

改正介護保険制度では、「要支援」に認定された人は、改めて創設された介護予防サービスを受けることになります。
そして、認知症(痴呆)対応型共同生活介護(グループホーム)は、以前は在宅サービスの居宅サービスに位置づけられていましたが、改正介護保険制度で改めて創設された地域密着型サービスに編入されます。

スポンサードリンク


改正介護保険制度による在宅サービスの見直しは以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

リンク

Copyright(c) 介護保険を理解したい All rights reserved .