入浴介護サービスの種類

介護保険を理解したいトップ > その他介護サービス入浴介護サービスの種類


入浴介護サービスの種類

入浴介護サービスは、訪問介護(ホームヘルプ)サービスで、自宅の浴槽でホームヘルパー(訪問介護人)に介助してもらったり、訪問看護サービスで、医師の指示により看護士に介助してもらうこともできます。
また、通所介護(デイサービス)や通所リハ(デイケア)サービスでの施設で入浴したりと、訪問入浴介護以外のサービスでも利用が可能です。

ケアマネージャー(介護支援相談員)とよく相談して、無理のない範囲で効率良く入浴サービスを受けられるよう、要介護者に適したサービスを決めることが大切です。

介護の心構えその3

介護では動作ではなく生活を支援するという意識を持つように心がけましょう。

起き上がりや移動など、介護は動作単位で考えられがちです。しかし、私たちは、基本的な動作を 組み合わせて、何か目的となる行為を行い、生活しています。

たとえば、入浴という行為には、居間や寝室からの浴室への移動、脱衣などが必要です。つまり、何が目的で、どんな動作を行い、どこにどのような介護が必要なのか、ご本人の状態に応じてきちんと考えることが、実生活の場で有効な支援を設計するポイントです。

スポンサードリンク


入浴介護サービスの種類は以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

リンク

Copyright(c) 介護保険を理解したい All rights reserved .