訪問リハビリテーションの利用の手引き

介護保険を理解したいトップ > その他介護サービス訪問リハビリテーションの利用の手引き


訪問リハビリテーションの利用の手引き

訪問リハビリテーションとは、心身の機能を維持・回復させ日常生活の自立をたすけるために、理学療法士や作業療法士がサービス利用者の家庭を訪問し、リハビリテーションを行う介護サービスです。
ここでは「訪問リハビリテーションの内容」と「訪問リハビリテーションの手配」について紹介します。

訪問リハビリテーションの内容

訪問リハビリテーションの内容を下記にあげますので参考にしてください。

●間接の可動域の改善や実用的な歩行訓練
●入浴・排泄・食事など日常生活に必要な活動行動訓練
●介護利用者や家族への指導

訪問リハビリテーションの手配

訪問リハビリテーションの手配は、入院中から行いましょう。
近頃は、入院期間が短縮されがちで、リハビリの途中で退院する場合も多くみられます。退院後、通院することが難しい場合、入院している医療施設に訪問リハビリテーションのサービスの有無を確認しておくとよいでしょう。

訪問リハビリテーションのサービスが医療期間にあれば、退院する前にケアプラン(介護サービス計画)に組み込んでもらうこともできます。

訪問リハビリテーションを医療機関が取り扱っていない場合、退院後もつづけてリハビリテーションを受けるためには、リハビリ計画をしかっかりと組み込んで、送迎付きのデイケア(通所リハビリテーション)を実施しているところや、理学療法士などと連携して行う訪問看護の有無を確認しておくことが大切です。

スポンサードリンク


訪問リハビリテーションの利用の手引きは以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

リンク

Copyright(c) 介護保険を理解したい All rights reserved .