介護予防通所リハビリテーション

介護保険を理解したいトップ > その他介護サービス介護予防通所リハビリテーション


介護予防通所リハビリテーション

介護保険制度の改正後では、要介護認定で「要支援1・要支援2」に判定された方は、改正以前の介護サービスから、改正後に新設された介護予防サービスを受けることになりました。
介護予防通所リハビリテーション(デイケア)とは、改正以前の通所リハビリテーション(デイケア)の介護予防バージョンです。

なお、介護予防サービスは、「要介護」以上の方がうける介護サービスと比較し、「本人のできることは、できる限り本人が行う」ことに重点をおいた介護サービスです。

介護の心構えその3

介護では動作ではなく生活を支援するという意識を持つように心がけましょう。

起き上がりや移動など、介護は動作単位で考えられがちです。しかし、私たちは、基本的な動作を 組み合わせて、何か目的となる行為を行い、生活しています。

たとえば、入浴という行為には、居間や寝室からの浴室への移動、脱衣などが必要です。つまり、何が目的で、どんな動作を行い、どこにどのような介護が必要なのか、ご本人の状態に応じてきちんと考えることが、実生活の場で有効な支援を設計するポイントです。

スポンサードリンク


介護予防通所リハビリテーションは以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

リンク

Copyright(c) 介護保険を理解したい All rights reserved .