介護予防サービスの内容

介護保険を理解したいトップ > その他介護サービス介護予防サービスの内容


介護予防サービスの内容

ここでは「改正介護保険制度後の介護予防サービス」 「介護予防サービス対象者」 の2つについて紹介します。

改正介護保険制度後の介護予防サービス

介護予防とは、要介護状態になることをできるだけ防ぐことと、要介護容態になっても状態の悪化を防ぐことを重点をおいて、要介護者であるお年寄りが快適に日常生活を続けることができるようにするサービスです。
この「介護予防サービス」の誕生は、2005年に介護保険法の改正を行った際に、その介護保険法改正で新設されました。

介護予防サービス対象者

改正介護保険制度によると、介護予防サービス(新予防給付)を受けることができる人は、要介護認定で「要支援1」「要支援2」に判定された方とされています。
そして、「要支援」に認定されなかった方も、介護予防サービスを受けることができる条件があります。それは、改正介護保険で改めて法整備された地域支援事業による介護予防サービスです。

改正介護保険制度によると、介護予防システムは、その高齢者の状態にあわせて、地域支援事業から新予防給付というパイプラインのなかで、一貫性のある介護予防サービスを提供します。

<地域支援事業による介護予防サービス>
要支援状態・要介護状態になるおそれのあるお年寄りを対象にした地域密着型の介護予防サービス

また、新予防給付のなかには、地域密着型介護予防サービスもあり、より地域に密着したサービスを提供します。この地域密着型介護予防サービスは、改正介護保険法により新設された地域密着型介護サービスの介護予防版となります。

スポンサードリンク


介護予防サービスの内容は以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

リンク

Copyright(c) 介護保険を理解したい All rights reserved .