介護予防事業の内容

介護保険を理解したいトップ > 介護予防について介護予防事業の内容


介護予防事業の内容

市町村による介護予防のためのサービス事業の一つ「介護予防事業」は2つの施策があります。
そのうちの1つ、一般高齢者施策は、全高齢者を対象にして介護予防に関する情報の提供、ボランティアの育成・支援等介護予防のための活動の支援、地域で介護予防の重要性を共有できる環境整備などを行います。

「介護予防事業」の2つめの施策は特定高齢者施策といいます。
特定高齢者とは要支援、要介護となる可能性の高い高齢者を指します(市町村の高齢者人口の約5%が対象)。

この特定高齢者を把握するための事業や、把握された特定高齢者を対象にして、介護予防ケアプランに沿って、通所型・訪問型介護予防事業などを行います。

介護の心構えその2

介護では状態や生活の変化に合わせた、柔軟で統括的な支援を心がけましょう。

生活は、ご本人の状態だけでなく、ご家族の状況や環境など、さまざまな要因によって変化します。 そのため、介護者は、今の支援は適切かどうか随時検証し、柔軟で継続的な対応が求められます。
また、ご本人に悩みがあるようであれば、ひと・もの・サービスの相互関係を考えながら、適切な解決策を選びましょう。

スポンサードリンク


介護予防事業の内容は以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

リンク

Copyright(c) 介護保険を理解したい All rights reserved .