訪問型の介護予防

介護保険を理解したいトップ > 介護予防について訪問型の介護予防


訪問型の介護予防

介護予防事業の特定高齢者(虚弱高齢者)を対象とするサービスのひとつ、訪問型の介護予防が閉じこもり予防として行うのは、看護師・保健師の訪問による体操指導、生活指導、低栄養改善です。
生活援助は日常生活をホームヘルパーが支援するサービスです。配食・見守りは高齢者向けの食事を宅配し、見守りもあわせて行います。

介護の心構えその4

介護では主体的な行動を促すと、生活範囲が広がります。
高齢者の方は特に介護が必要になると、どうしても生活範囲が狭くなってしまいがちです。しかし、 動かずにじっとしていると、身体機能が衰えるばかりか、生きる意欲さえも低下してしまう恐れが あります。

逆に、ご本人が目的を持ち、主体的に行動できると、動作の自立度が高まり、同時にコミュニケーションの機会が増えるなど、生活への意欲を高める刺激が得られるようになります。
これが相互に影響しあうと、良い循環を生み出します。

スポンサードリンク


訪問型の介護予防は以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

リンク

Copyright(c) 介護保険を理解したい All rights reserved .