介護予防の普及啓発について

介護保険を理解したいトップ > 介護予防について介護予防の普及啓発について


介護予防の普及啓発について

一般高齢者施策としてすべての高齢者を対象に、介護予防の普及啓発が行われます。これは、介護予防の基礎的は知識を広めるためにパンフレットを配布したり、講演会などを開催して地域の介護予防活動を支援します。

地域への介護予防活動への支援としては、介護予防の知識向上のための研修会や、ボランティアへの 支援、研修会などを開催します。(リーダー育成・グループ支援など)
研修会や講座の開催では健康セミナーなどを開催したり、軽体操教室、書道・絵画教室、栄養講座等の開催を行います。

市町村での独自サービスとして、住宅のバリアフリー化、日常生活用具の助成、住み替え、入浴サービス、移動サービス、老人会などの社会参加、配食サービス、見守りサービス、緊急通報システム、ヘルパー派遣、などがありますが、サービスの内容は市町村で異なります。

介護の心構えその2

介護では状態や生活の変化に合わせた、柔軟で統括的な支援を心がけましょう。

生活は、ご本人の状態だけでなく、ご家族の状況や環境など、さまざまな要因によって変化します。 そのため、介護者は、今の支援は適切かどうか随時検証し、柔軟で継続的な対応が求められます。
また、ご本人に悩みがあるようであれば、ひと・もの・サービスの相互関係を考えながら、適切な解決策を選びましょう。

スポンサードリンク


介護予防の普及啓発については以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

リンク

Copyright(c) 介護保険を理解したい All rights reserved .