サービスの内容

介護保険を理解したいトップ > 介護予防についてサービスの内容


サービスの内容

ここでは「介護予防サービスの内容」 「その他介護予防サービスの内容」 の2つについて紹介します。

介護予防サービスの内容

要介護認定で要支援1・2の認定を受けた人は介護予防サービス計画に沿って介護予防サービス等区分の限度額内において利用者負担1割で次のような介護予防サービスを受けられます。

介護予防訪問介護、介護予防訪問入浴、介護予防訪問看護、介護予防訪問リハビリテーション、介護予防通所介護、介護予防通所リハビリテーション、介護予防福祉用具貸与、介護予防短期入所生活介護、介護予防短期入所療養介護、介護予防認知症対応型通所介護、介護予防小規模多機能型居宅介護、(利用期間を定めて行う)介護予防認知症対応型、共同生活介護など。

その他介護予防サービスの内容

その他に、要介護状態区分等に関係なく、12ヶ月の単位で定める福祉用具購入費(特別な事情がある場合を除いて原則同一年度で同一種目につき一回)や、要介護状態区分等と期間に関係なく、定額で定める住宅改修費(転居した場合や要介護度が著しく重くなった場合は再度給付を受けられる)があります。

スポンサードリンク


サービスの内容は以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

リンク

Copyright(c) 介護保険を理解したい All rights reserved .