介護予防サービスの種類

介護保険を理解したいトップ > 介護予防について介護予防サービスの種類


介護予防サービスの種類

ここでは「介護予防サービスを利用するには?」と各種介護予防サービスの概要について紹介します。

介護予防サービスを利用するには?

介護予防サービスは、要介護認定で要介護度が「要支援1」「要支援2」と認定された要支援者が利用できます。
この介護予防サービスを利用するには「介護予防サービス計画(ケアプラン)」を作成し、計画に沿った介護予防を行う必要があります。ケアプラン作成は無料で包括支援センターの保健師等が行います。

介護予防サービスの主な分類

介護予防サービスは大きく分けると@訪問系サービスA通所系サービスB短期入所系サービス C居住系サービスD住環境改善サービスE地域密着サービスの6つに分けられます。

訪問系サービス

訪問系サービスでは要支援者の自宅を介護を専門とする人が訪問し、サービスを行います。@訪問介護、A訪問入浴介護、B訪問看護、C訪問リハビリテーション、D居宅療養管理指導

通所系サービス

通所系サービスは要支援者が施設に通ってサービスを受けます。
@通所介護(デイサービス)、A通所リハビリテーション(デイケア)

短期入所系サービス

短期入所系サービスは要支援者が短期間施設に入所してサービスを受けます。(ショートステイ)
@短期入所生活介護、A短期入所療養介護

居住系サービス

居住系サービスは特定の施設に入所している要支援者がサービスを受けます。
@特定施設入居者生活介護

住環境の改善サービス

住環境の改善サービスとして、要支援者の自宅を介護に役立つ環境に整えます。
@福祉用具貸与、A特定福祉用具販売、B住宅改修費の支給

地域密着型サービス

地域密着型サービスはその地域に住む住民だけが利用できるサービスです。 @認知症対応型通所介護、A認知症対応型共同生活介護、B小規模多機能型居宅介護

スポンサードリンク


介護予防サービスの種類は以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

リンク

Copyright(c) 介護保険を理解したい All rights reserved .