訪問系サービスの種類

介護保険を理解したいトップ > 介護予防について訪問系サービスの種類


訪問系サービスの種類

介護予防サービスの訪問系サービスの種類として、以下のようなサービスがあります。

@訪問介護サービスは要支援者の自宅に、ヘルパーや介護福祉士などが訪問し、入浴、排泄、食事の介護等日常生活の介護がうけられます。(ホームヘルプサービス)
A訪問入浴介護は要支援者の自宅に運び入れた浴槽で入浴のサービスを利用できます。
B訪問看護は看護師などが自宅に訪問し、療養上の世話や必要な診療の補助サービスを行います。(意志の指示に基づいて行います)
C訪問リハビリテーションは、医師の指示に基づき、理学療法士、作業療法士などが自宅に訪問し、日常生活の自立を助けるために必要なリハビリを行います。
D居宅療養管理指導は、病院などの医師、歯科医師、薬剤師などが自宅を訪問し、療養上の管理や指導を行います。

介護の心構えその1

高齢者の方は特に日常の動作が自分の力では困難な状態になると、精神的な張りを失い、弱気になりがちです。そのため、できるだけ本人の能力を生かした介護をこころがけましょう。
「自分でする」という目標を持つことは生活への意欲を高め、たとえ部分的であったとしても、その目標の達成は自信と満足感をもたらします。

また、介護が必要となったために、趣味などを我慢したり、あきらめたりする方も少なくありません。生活の不自由さに埋没しているその人らしさを引き出す支援を介護者は、心がけましょう。
暮らしの中に楽しみを持つことは、生活への意欲につながります。

スポンサードリンク


訪問系サービスの種類は以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

リンク

Copyright(c) 介護保険を理解したい All rights reserved .