住環境の改善サービスについて

介護保険を理解したいトップ > 介護予防について住環境の改善サービスについて


住環境の改善サービスについて

介護予防サービスの住環境の改善サービスは、自宅を介護に役立つ住環境にするために、
@福祉用具貸与で手すりやスロープ、歩行器、歩行補助杖をレンタルできます。
A特定福祉用具販売では入浴、排泄などの用具を購入することができます。
 
福祉用具の種類は・・腰掛便座、入浴補助用具(浴槽てすりなど)、簡易浴槽、特殊尿器、 移動用リフトのつり革部分
 利用限度額は・・年間10万円まで(自己負担は1割の1万円)

B住宅改修費の支給は自宅へ手すりを取り付けたり、屋内の段差を解消するなどの住宅改修に 費用が支給されます。
 工事の種類は・・手すりの取り付け、段差の解消、滑り止め、扉の取替え(引き戸等)、洋式便器等への取替え、上記に関連して必要な工事
 利用限度額は・・20万円まで(自己負担は1割の2万円)
一旦全額を支払う償還払いとなります。工事にあたっては事前の申請が必要です。

介護の心構えその1

高齢者の方は特に日常の動作が自分の力では困難な状態になると、精神的な張りを失い、弱気になりがちです。そのため、できるだけ本人の能力を生かした介護をこころがけましょう。
「自分でする」という目標を持つことは生活への意欲を高め、たとえ部分的であったとしても、その目標の達成は自信と満足感をもたらします。

また、介護が必要となったために、趣味などを我慢したり、あきらめたりする方も少なくありません。生活の不自由さに埋没しているその人らしさを引き出す支援を介護者は、心がけましょう。
暮らしの中に楽しみを持つことは、生活への意欲につながります。

スポンサードリンク


住環境の改善サービスについては以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

リンク

Copyright(c) 介護保険を理解したい All rights reserved .