不動産担保ローンで資金を確保する

介護保険を理解したいトップ > 老後生活について不動産担保ローンで資金を確保する


不動産担保ローンで資金を確保する

老後の一番の心配な悩みとしてはお金の問題があります。それは中高年世代だけではなく、年金がどうなるか分からない若い世代も心配となっている問題です。
一般的にゆとりある老後生活を送るためには年金開始を65歳から想定しても7000万円程度は必要とも言われています。昔は定年による退職金と年金で何とかなりましたが、今の時代は退職金が支給される会社もあまり多くなく、年金も先細りしていく時代です。
資金の問題は自分たちで何とか工面してい書ければならない時代となってしまったのです。

不動産担保ローンとは?

不動産担保ローンとはその名称通り、自分が持っている不動産を担保にしてお金を借りるというものです。借りられる額は所有している不動産の価値と、どのくらい返済可能かなどから判断されて決められます。
一般的には年齢関係なく借りられるとのことですので、何かあった場合の資金工面先として活用するのも一つの方法かもしれません。

返済しなくていい不動産担保ローン

不動産担保ローンと言ってもローンですから、必ず返済はしないといけません。だから返済ができない人は利用できないわけですが、返済しなくていい不動産担保ローンというものがあります。
正確に言うと生きている間は返済しなくてよく、亡くなった時に不動産を売却することで借りたお金を返済するということです。
これはリバースモゲージと呼ばれて最近広まりつつある新しい借り入れ方法です。何かあった時はこのリバースモゲージが心強い味方となるかもしれません。

スポンサードリンク


不動産担保ローンで資金を確保するは以下のカテゴリに属しています。

カテゴリ

リンク

Copyright(c) 介護保険を理解したい All rights reserved .